スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
次は…どこでやる?
5日に『曲者-MAGAIMONO-』行ってきました〜!
今回は渋谷O-east 2日間開催という訳だったんですが、出演者を見比べた結果、お笑い芸人さん色が強い2日目にしました。ちなみに出演者は2丁拳銃/ロバート/FUJIWARA/盆地で一位/SBPF/アップダウン/ジェット機/ぼんちおさむ師匠…というジェット機三以外は全員芸人さんでございます。
そう、『曲者』はそういう音楽イベント。(笑)
1日目には千秋さんも出演してたんだよね…知ったのが1週間くらい前でチケット取った後だったので諦めました。歌ってる千秋さん見たかったよぉぉぉ〜!!(叫)

前回、AXの時は遅刻をして行ったので全然暴れられませんで。今回はもう暴れるという事を前提に軽装で荷物もきちんとロッカーに入れてライブに望みました。

では、以下出演者ごとに感想なんかを。

■FUJIWARA■
あぁ、もうFUJIWARAさん大好きだ!『青春アミーゴ』(修二と彰)を歌っていきましたよ、彼らは!オリジナルじゃないし、1曲だけだし!(爆笑)きちんとズラ被って、ダンスもばっちり、伝説のサマスマ再び。ちなみにフジモが彰(山P)で原にっちゃんが修二(亀梨)だったらしく、楽屋インタビューでひっきりなしに「山P、山P!」ってフジモが騒いでおりました。でも本当にこういうときのFUJIWARAさんっていうのはTVとは違ってものすごく輝いてるように見える、っていうかかっこいいよねー、やっぱりFUJIWARAさん好きvv

■ロバート■
1曲目はともかくも、2曲目のヒロシメインの『ROSIER』(LUNASEA)は色々なものを髣髴させて個人的にツボでした。「はねる〜」の黒族コントのヴォーカルは彼だったと思うのですが…あれ?もっと歌上手かったような気がしたんですけども。(苦笑)

■ぼんちおさむ師匠■
4月にアルバムを出すと言う事で飛び入り参加。『恋のぼんちシート2006』を…あのね〜かっこいいよね、師匠。シャウトも歌声も格好も全部含めてかっこいいんだよ。ピアスしててもやらしくない、イキってない。素敵でしたvv

■アップダウン■
竹森君は本当にいい子、阿部君も負けずにいい子。妹といつも二人で言っているんですが「何故道産子はこんなに心の広い優しい子が多いのかしら!」と…竹森君のピュアピュアボイス(笑)に毎回"じ〜ん…"とキてしまうのです。『ぬか漬けのうた』といい『GERO-GERO』といいダンサーズがついてて子供向けっぽいんだけど暖かくて素敵な歌を歌ってくれるのです。ちなみに『一歩づつ』で泣く一歩手前でした。初夏頃アルバムが出るそうなので楽しみにしております!

この後からはもうガンガンロック。
「拳振り上げない奴は帰れー!」的な、いや実際には言わないけど。(笑)


■盆地で一位■
盆地もかっこいいんだよなぁ…大半が放送ギリギリアウトの曲なんだけどかっこいいのよ〜ゴーイングマイウエイっぷりが好き。くーちゃんがね、またこれ体格良くなってていい男になってました。そしてロッシーの宇宙人っぷりも相変わらず。いい線行ってると吉本自体にR&Cというレコード会社があって大体みんなそこからCD出してもらえるんですけど盆地はしてもらえないんだろうなぁ…危ないから!下だから!個人的には♪赤い色が好きだった女の子の色ぉ〜♪の『青色』(2丁拳銃)替え歌がツボでした。彼らが歌うとなんか意味深。(笑←そういうバンド)

■SBPF■
闘った…闘ったよ…彼らが出てきた途端一気にギュギュギュギュー!っと場内ステージの前方に圧縮されましたから。とにかく闘いました。音に乗った、というより周囲と闘った。(笑)最初の方は聞いてたのですがこの頃彼らのCDを聞いていないんですけどメッセージ性は相変わらず強いバンド。またファンの子らみんな若いんだな、これが。でも頑張ったよ、闘ったよー!まだまだイケるよー!個人的には樅野メンばっかり見てました。

■ジェット機■
これが本物だ!っていうのを見せ付けられましたね〜あおりとか盛り上げ方とか。なんか気が引き締まりました。先日スペシャ中学に出てた時に1曲だけ♪飛べ〜飛べ〜♪ってフレーズの曲が流れててそれだけしか曲は知らなかったんですけどそんなもんお構いなし!っていうね。爽快感のある気持ちいい曲ばっかりで楽しかったです。え〜っと、ダイブに巻き込まれたのは想定外だったねっ☆(知らぬ間に…)

■2丁拳銃■
毎回、主催と言う事もあってかトリを務めている彼らですが…やっぱり短いよ〜!あっという間に終わっちゃうの。2日開催と言う事もあってそれぞれ曲目は変えていると思うのですが『青春デストロイ』がね!どの曲も大好きなんだけどこの曲は妙に気合入りますな。あと『青色』…『セルロイド』も好きなんだよなぁ〜っつーかやっぱり回を重ねる度に修ちゃんは歌が上手くなってるし、小堀さんもアーティストとして成長しているのよねぇ。本当にね、もう少しうたライブやって頂きたい。本当に「月イチ曲者」はいいかもしんない。(出演者は大変だけど;)『おしりフリフリ66』はFUJIWARAさんと一緒にF拳でやってくれました。あ〜〜〜〜〜もうこの4ショットが幸せなんだよなぁ…F拳最高!またイベントやらないかな、番組地上波でやらないかな。絶対面白いのに。

ざっとこんな感じでございました〜♪
次回はどこどこ?…なんか8月当たりにありそうですが。

ジャ、ジャンボリーとかぶらないでね、お願いだからね。
ゆるりと音を楽しむ。


【OYASUMI-RECORDS PRESENS「やっとオヤスミ」】(2005/11/23:下北沢440)
MINImum Rich/casa/月球/Misato & Shin/mue/池の上陽水(VJ)

ドリンク片手に思い思いの席でのんびりと音楽を楽しむ、そんなライブでした。普段私の行くライブっていうのは完全オールスタンディングな訳ですよ。ドリンク引き換えてもミネラルウォーターっていう。(苦笑←飲む気ナシ)1杯目はビールでちびちびやってたんですけど途中足りなくなってカクテルとか飲んでました。おつまみは各テーブルに置かれたパスタを揚げたスナックおつまみ、これが美味しくて美味しくて。音楽はどちらかと言うとゆったり系のアーティストさんが多くて。静かな照明の中に"音が漂っててその中を泳いでいる"という感覚でした、途中気持ちよくなってしまってちょっとだけうつらうつらしてしまった時もありましたがとても心地よかったです。

今回のお目当てはもちろん"Misato&Shin"のお二人。
思い起こせば11月頭、三河屋さんへ行った時に"Misato&Shin"というアーティストさんに出会いまして…その時にこのライブイベントのお話を聞いて「行きますよー!」と言ったのが今回の始まりでございます。会場に入る時、お互い姿見つけて「あぁ!こんにちはー!」なんて。(笑)いや、なんか覚えててもらってて普通に嬉しかったです。こんなんでも淋しがりだから…アタシ!

ものすごく歌詞はシンプルなんですけどそのシンプルさが逆に物凄い曲を引き立たせてていて…聴いてて物凄く心地よかったです。っていうかShinさんがね、すごい楽しそうにギターを弾いているんですよ!そして丁寧に丁寧に歌を歌うMisatoさん。あとMCが普通に面白かったです。ボケとツッコミならぬ静と動が面白い具合に分担が決まってて。トリという事もあって会場全体が物凄い盛り上がりようで大騒ぎでしたね。

自分のペースでお酒を飲みながらゆったり音楽を楽しむ、たまにはこういうライブもいいものですなぁ…会場を出たら11時近く。4時間たっぷり楽しませて頂きました☆


soul on the steet(Misato&Shinホームページ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/sots/


440-four forty
http://www.club251.co.jp/440/
祭りを彩った音楽達。


当分の間、記事の内容はどこかしら北海道関連…仕方ない!(苦笑)

今回は音楽のお話でございます、旅先で出逢った音楽のお話。
『どうでしょう祭り』の中で『夢チカライブ』というちょっとしたライブをやっておりました。『夢チカ』と言いますのはHTBさんで放送されている『夢チカ18』という音楽番組の事。(ナビゲーター:安田顕)そこに登場しているアーティストさんのライブをお届け!というライブでありました。

・『Everything It's CUE : 意外とよかったユメチカLIVE。

思わず、さくらさんの記事読んで「あぁ、みんな一緒だったんだな〜」なんて思いました。え〜…申し訳ない話、正直期待してなかったんです私も。だからきちんと見ようとは思ってなかったんです。スタジアムの場所は広いし、数々のアーティストさんもここでライブをやったのだからまぁまぁ解らないことも無いし、HTBさんだしね、安田さんの番組だし…けどあえてここでやる事は無いよな〜って思ってたんですけどもねぇ…ただ、安田さんが登場しちゃったから!「おぉぉー!ヤスケン!」と。(笑)

でも『夢チカライブ』、良かったのです。

確か出演バンドの皆さん、全員道産子なんですよね?とにかく北海道にゆかりのある方々ばかりでして。みんなそれぞれパワーがあって、それがまた、心地よかったんですよ。だんだん周囲が闇に染まっていく中流れる音楽も、曇り空に差し込むわずかな光の中での音楽もとても心地よいものでした。またみんな初めて出会うアーティストさん達だったので何の先入観もなく耳に入れられるっていう感じで。

心地よかったぁ〜!!
…と言う訳で現在のヘビーローテーション2組ご紹介!
祭り会場では買う暇が無かったので後日、CD屋さんなりHTBオンラインショップでお買い上げ。

OILMAN:『北春路〜キタルミチ〜』(写真中央)
これは1日目の祭り会場でタイトル曲の『北春路〜キタルミチ〜』がずっと流れてて(CDのCMなんだけど)とにかく1フレーズが頭に残ってて…とにかく気に入ってしまったと。ずっと♪さ〜く〜ら〜が咲く頃ぉ〜♪ってグルグル頭の中回ってるんですもの。ライブが始まる頃にはサビ歌えるようになってたよ!いやぁ、もう弱いこういうの。ともかく"さくら"っていうフレーズがもうピンポイントでしたね。(笑)

OILMANの曲は直感的にもっと小さい会場で思いっきりライブ感を味わいたいな、と思いました。オープンスタジアムはやっぱり広い!なんか勿体無いな〜なんて思ったのでございます。これは拳を振り上げたい!個人的には同じく収録されている『freedom』も好き、なんか飛び出したくなる感じで"スカッ"とします。


OILMAN[オイルマン]公式ホームページ
http://www.sambafree.com/oilman/

smarttail:『LINE』(写真右)
もうね!必死に走り回りましたよ、札幌駅のCD屋を!尽く「売り切れてしまって…」と言われて仕方ないから帰ってきてからHTBさんで通販して買ったCDです。タイトル曲の『LINE』はハナタレナックスED曲、同じく収録されている『クローバー』はおにぎりあたためますかED曲だそうなのでみんな考えることは一緒なのねー!!なんて思ったんですけども。(笑)

改めてCD音源で聞くと実際に聴いたのよりは「ふわふわ」感があって"浮遊感"が味わえる感じでした。やわらかくて、音の中に漂っている感覚…それがやっぱり心地よくって。『LINE』に関してはもうライブでもヴォーカルの方が言ってたんですけど「今日のこのつながりを大事にしてほしい」みたいな事言ってて、聴いてて思わず涙でましたね。最終日、やっと晴れた夕焼けの中聴いたこの曲はわすれません色々な映像が浮かびますもん!(ハナタレCM含め)


smarttai
http://www.smarttail.net/

それぞれの曲を聴くだけで祭りの風景が浮かんでくるというのはきちんとこの音楽達も祭りの一部であったという大きな証拠ですよね。1/6の夢旅人2002』ももちろんの事、改めて振り返ってみるのもいいかもしれないです。

道内の方はCD屋を、道外の方はHTBオンラインショップをチェック!
強イ声、強イ気持チ。
"感動"どころの騒ぎじゃ無かったよ…それはもう。
先週の金曜日(16日)に『SMAバリ3カーニバル』というSonyのアーティストさんが集まるライヴイベントに行ってきました。(『モバイルKuu』の方に「今日はYUKIちゃんが見れます!うわ〜い♪」な事を書いていた渋谷AXのライブ)出演は真心ブラザーズ/THEイナズマ戦隊/フジファブリック/YUKI…というYUKIちゃん以外名前は知っているけど全然曲じっくり聴いたことないなぁ…という豪華アーティスト陣でして。まぁまぁ、YUKIちゃんまでは音の波に揺られてればいいかなぁ〜なんて思っておりましたら。

まず、真心さんの新曲(直球ストレートな恋愛ソング)に胸がギュッ

そしてイナズマ戦隊さんの直球な『応援歌』に胸がギュュューッ

更にフジファブリックの『茜色の夕日』に胸がギュュュュュゥゥゥゥーーッ

一緒に行ったお友達に「うわ〜泣きそうになる一歩手前だよぉ〜」なんて笑って話してましたけどかなりお見舞いされてました、実は。音楽ってやっぱりいいなぁ、というのと改めてCDとは明らかに違うライブ感。すっかり飲み込まれておりましたワタクシ、今思えばそれは序章に過ぎなかったのでございます。

…YUKIちゃん登場、1曲目は『長い夢』

かわいぃ…っていうか強っ!

「いや〜ん♪やっぱりYUKIちゃんは声も曲も可愛いし、いいわぁ〜」なんていう感じでほんわかふわふわ曲を聴こうと思ってた矢先、とんでもないオーラというか『強さ』を突きつけられました。舞台を所狭しと走り回るYUKIちゃん、可愛い楽曲とはうらはらに強い声、存在。

ただ唖然。

2曲目…(多分)『プリズム

お昼頃から頭の中でサビだけぐるぐる回ってたんだけどいまいち何の曲だか解らなくって…聴いて「あぁ!」って思って…なんかじ〜ん…とこみ上げてきまして…

気が付いたら涙ボロボロ、大号泣してました。

その後にお待ちかねの『ドラマティック』も聴けたんだけどとにかくずっと涙ボロボロ。止まんないんだもの!止めたいんだけど止まらない涙。

『悲しい・辛い』とは明らかに違う涙なんだよね、かと言って『感動』って言われると違うような…やっぱりね〜なんか近頃多分心的に病んでいる自分がいたんだな、と確信しましたよ。(笑)もう考えないでいい事も自分の事ように考えてしまう。その時間ってはたから見たら"勿体無い"時間なんだけどなんかね〜…そんな弱い自分に見せ付けられた強いYUKIちゃん、だからなんか泣いちゃったんでしょうな、きっと。あくまで推測なんだけどライブが終わってなんかちょっとすっきりしたし。

とても素敵なライブでした。

しっかし…さっき高井(@ランディーズ)さんの日記読んでビックリしたけども!
9月いっぱいで、『おはよう朝日です・土曜日』卒業て!もぅもぅもぅ!トドメだな!(泣笑)
なんだかんだ笑ってみてるけど『内村プロデュース』終了も寂しいのです…。
クラッシックが好きだぁぁー!
…なんて今なら大きな声で言える今日この頃。
もちろん、作曲家も曲も片寄っているけれど以前よりは俄然聴く様になった。(と思う)今までは朝通勤の時にロックやJ-POPを聴いていたのだが、クラッシックを聴いているとなんか心が落ち着いて調子がいいな〜なんて感じる時もある。

「私、クラッシックにいつの間にかハマったんだぁ…」なんて。

そもそも学生の時から音楽鑑賞の時間は退屈でつい眠ってしまっていた自分が今やクラッシックを聴いても眠くならない!正直物凄い進歩だと思うのです。(自画自賛かよ!←笑)普通に聴いてて苦痛じゃない、むしろ楽しいし!

それもこれも今回はもうTEAM-NACSさんのおかげ、ありがとう。

さてさて、今日の本題はこのDVDでございます。
これはちょっと前に買ったDVDなんですけども、6月頃に買ったかなぁ…

ベートーヴェンの贈り物 ~チョン・ミョンフンこども音楽館~
ベートーヴェンの贈り物 ~チョン・ミョンフンこども音楽館~

このDVDはですね、子供向けに作られたベートーヴェンの曲の説明DVDなのでございます。…と言っても只々映像で綴られる訳じゃない、素晴らしいホールでオーケストラがいてベートーヴェンがいて、お芝居と演奏のミックスなのでございます。『クラッシックコンサートを開いていたら、自分の曲を聴いてベートーヴェンが目覚めた』みたいなね。

そしてベートーヴェンは語りだすのです、自分が曲を作った時の想いを。

子供向けなのであれなんですが、演奏箇所も物凄く美味しいどこ取りなので"ざっ"とベートーヴェンを知りたかったら見てみるといいかもしれません。これはこれでまたちょっと「じ〜ん」って来るDVDです、特に第九はね、やっぱりね!…っていうかねまた子供達の目がキラキラしているんだ〜もう、これが。
ちなみにこのDVDに出てくるベートーヴェンさんは地毛じゃないです、カツラです。(笑)

多分、『COMPOSER』終わっても当分の間クラッシックは追い続けますよ〜色々と興味が沸いてきちゃったので。(笑)

ビジュってます!
『曲者 夏フェス2005』に行って参りました!
今回の会場はSHIBUYA-AXと言う事で何か毎回会場が大きくなってゆくこのイベントでございます。今回は開演が18:00と言う事で社会人の私は1時間ほど遅れていきまして…GBの演奏から観ることになりました。カメラ(多分ヨシモトファンダンゴTV)の後ろでこう…二日酔いでしたしのんびりとね。周囲の人たちも後ろの方だからもう普通に腕も上げずに演奏を聴いているみたいな感じで。まぁ、出演者も毎回おなじみメンバーと言う事で2丁拳銃さんの時だけきちんと気合入れていけばいいかな〜なんて思いつつ。

シークレットゲストのGO!GO!7188の『浮舟』生で聴けたのはなんか嬉しかったです!涙出そうになりましたし。ほら、今まで友人達のカラオケでしかこの曲聴いた事無かったから…すごいかっこいいツボな曲なのですよ!

…でも今回はものすごい収穫をしましたよ。

正直これは予想外だったの!
後ろの方でのんびりしてしまってた自分にガックリでした!


もう記憶の中で描いているので全然似てません!

今回、一組だけ見知らぬ名前のバンドが出てまして。その名も『jealkb』(ジュアルケービー)というバンドなのですが。全然存在も知らなくって「え〜誰なんだろー…」なんとも全然思わなかったんですけど彼らの演奏というかステージ見てびっくりしました!!!

かっこよすぎた!ツボすぎた!ビジュアル系なのに!

ビジュアル系バンドなんですよ、8人編成の。ボーカルから盛上げ役までの8人編成。もちろんその中には振り付け担当までいまして。その方の指揮に合わせてみんなで腕を振る、っていうね。ファンは真紅のハンカチ必至!みたいな。(笑)

こう聞くとものすご〜くお笑い系って感じするでしょ?

楽曲も物凄く覚えやすい感じのメロディでノリやすいのでございます!…っつーかね、最初の曲の演奏始まってボーカルのhaderu(ハデル)さんが出てきて歌いだして気がついたの。「あ、私この人の歌ってる曲好きだったわ!」って。なんかね〜そうしたらおかしな話だけど歌っている姿を見れたことに「ジーン…」って来ちゃってね。真紅のハンカチの波の向こうに見えるhaderuの姿に陶酔ですよ。頭の中でずっと「ヤバイ、ヤバイ!」なんて言葉がエンドレス。しかも西川さんと姿ダブったもんね、ほんの少しだけ。歌ってる姿普通にかっこいいの!

帰りにデモCDを大人買いして帰ってきました。
10月のワンマンライブ、行きますよ!絶対!!

『jealkb』についての詳しい事は公式サイトを見てね☆
いや〜ここまで本気で遊んでくれるとものすごく気持ちいいですぞ。


We are jealkb!!
http://www.jealkb.net/
タワレコの罠☆
タワーレコードのポイントが貯まったので引き換え。
カードの期限が21日で切れてしまいポイント失効になってしまうので引き換えに行きました。とりあえず2000円分貯まっていたのでシングルじゃなくってアルバムだな〜…なんて思いながら引き換えたのがコレ。


ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION

…『ブラックアウト』が聴きたくてねぇ…(今更)
本来なら多分発売当初に「アジカン新曲だー!」なんて速攻買ってたと思うし、「NANO-MUGEN FES」も行ってた筈なんですけども。なんか去年『ソルファ』を聴いたときにいまいち自分の中で引っかかるものが無くってですねぇ…一時アジカン株が自分の中で下がってたのですよ。なんか前々まで曲にあった特有の疾走感みたいのが感じられなくって「キレイになっちゃったなー」みたいな。(苦笑)だから「ライブいこうよ!」言われてもチケット取る気が無くお見送り〜っていう感じですごしてた訳なのですよ。

んで、先日スペシャで「NANO-MUGEN FES」の様子がチラリと放送されていましてね。『ブラックアウト』のライブ映像が流れてたんですよ。

…うわ!何これ、かっこいいじゃん。

なんかものすごくかっこよかったのです、「あぁ、やっぱりアジカンいいなぁ〜」みたいな。(笑)ものすごく単純なんですけどね、多分また自分の心の波長とアジカンの曲がぴったり合ったんだなぁと…と言う訳でコンピアルバム。聴いているとやっぱりもう少し早く気が付いてFESに行っておけばよかったなとちょっぴり後悔なんかしてみたり。あと個人的に気になっていたSPARTA LOCALSの『ロックとハニー』が入ってたのも嬉しかったです☆

これ一枚でもかなり潤っているのですがここからがタワレコの罠。(笑)

近頃、チャンネル強化してから地上波全く見ない生活が続いてまして…色々と気になる曲が続々と。とりあえず気になった曲をメモってみたのですが多いこと多いこと。レンタルしに行けばいいんだけど近くにレンタル屋無いのよ!!これかなり致命的な話だと思うんですけど…今後は考えなきゃいけないな、マジで。

じゃ、じゃ、じゃ、じゃぁ、その他の本日のお買い上げ商品!

サマータイム!!(初回)
サマータイム!!(初回)
MINMI

このPV見たとき、ステキすぎて寒気しました。
夏のお祭り騒ぎダンスナンバーなのですが…なんかもう歌詞がかわいくて!それと本当にPVに惚れたって感じの曲です。設定的には神社の境内のステージで歌うMINMIさんとオーディエンス、って感じなんですけど本当に楽しそうなみんな一丸となって騒いでいる感じがものすごくよくてですね。もう結構歌えるかもしれないって程聴いたのですが買ってしまいました。やっぱり夏はこういう曲も必要!!

CHURAZIMA
CHURAZIMA
RYUKYU DISKO

『お、おぉぉぉぉ!沖縄テクノだよ!』ってびっくりした曲。
ワタクシ、実は個人的に"沖縄民謡"というか沖縄音階の曲に弱いところがありまして…これも初めて聞いてビックリしたのであります。この曲はテクノなんですけどもきちんとボーカルも入っているのですよ。「のんびり〜」な感じと「にぎやか」な感じが見事にミックスされてて好きです。RYUKYUDISKOさんは沖縄の双子ユニットさんという事なのですがちょっとアルバムもチェックしてみたいかも。

Believer
Believer
sports

PV買い、っていうかジャケ買い!?(笑)
あのですねぇ…ジャケット見ていただくと解ると思うのですがかな〜りツボをついておりまして…ねぇ…。初めてPVを見てものすごくキラキラしている曲だな、っていう感覚を受けて「うわ!なんかかわいい!」みたいな。彼らの曲はなんか"憂鬱"チックなものが多いらしいのですがこれは爽やかな感じで☆…って私いい感じに実はダマされているのか?え?(笑)

switch
switch
BAZRA

うわぁ!BAZRAだ!かっこいい!!!
ぼけーっとTV見てたらCMやっててビックリしたんですけども。エ・エイベックス系列!という訳で先日出たBAZRAのミニアルバムです。やっぱり相変わらず鬼というか仁王様のように歌うボーカルは迫力あって、見えない巨大な力に圧倒されまして。これは買わねば!と。男だな〜…っていうかこういうのに惚れる。そして最近知った『北海道出身3ピースバンド』という事実、全然見えないんですけど!(失礼)9月16日に吉祥寺のCueでライヴがあるそうなので実は行きたい所。(今度は有限実行したい)

結局ポイント使ってもそれ以上の買い物を…orz
恐るべし、タワレコ!!!
バトン頂きました!
今、巷を賑わせている『Musical Baton』ですが、私も頂きました!(喜)色々なブログさんで見ていて存在は知っていたのですがまさか自分の所に回ってくるとは。とにかく自分のところに回ってきた、と知った時はびっくりしました。いやぁ〜驚いた。だって、CUEサイトさんからなんですもん!!おかあさん!テンション上がりまくりでございました。バトンを下さったのはCU*Chu!』の高中奈緒さんでございます。

と、言う訳でさっそく回答編行きましょう!
かな〜り長いテキストになっていると思いますので今回は折りたたみ式。
気合は十分入ってますよぉ〜それはもう!
は、箱ですか!?
Beethoven: The Symphonies (Box Set)
Beethoven: The Symphonies (Box Set)

買って来ました、ベートーヴェン。(ジャーン♪)
前回、ホワイトストーンズを見て雅楽のCDを買いに行った時と同じく今回もいそいそと行って来ましたタワレコ。もうこんなワタシ(影響されやすい)が近頃好きになってきました、回りにまぁどう言われようとどんな理由であろうと興味を持ったものはいいではないか!いいではないか!

と言う訳でとりあえずベートーヴェンの交響曲のCDを探しに。

…多すぎだよ…何がなんだかさっぱりだよ。

作曲家別に並んでいるのですがもうずらーっと『B』の所にベートーヴェンですよ。3弦楽からピアノソナタから交響曲から。同じ『交響曲1番』でも指揮者が違ったり演奏家が違うだけで何十枚もあって。ここは前回と同じなんですけど今回は誰が有名なのか解らないのでとりあえずやっぱり"世界の小澤(征爾)"かな?と思って交響曲のBOX手にしたら1万2000円したので却下。なので同じBOXでも安かった(¥3,490かな?)このBOXをお買い上げしました。なんかシンプルデザインでPCソフトの様にも見えますがこの中にCD5枚が詰まっているのであります。

でもクラッシックフロアは他のフロアとは違ってサラリーマンのおじ様方がたくさんいました。みんな籠を持って中に5枚とか入れてて。静かにじっくりCDを吟味するって感じ。視聴器のところにもじっくり聴ける様に椅子が儲けられているんですねぇ〜やっぱり別世界。

近頃ブックオフで中古CDばかり漁っていたので今日は本格的に漁るぞ〜と言う事で他にもお買い上げ。

Sanctuary
Sanctuary
NAOTO

『COMPOSER』音楽監督のNAOTOさんのアルバムでございます。ちょっと前「Spring」にNACSさんのお勧めモノが紹介される記事がありましたがあの中で森崎さんがお勧めしていた1枚であります。視聴器があったので聴いてみたらなかなか素敵だったのでお買い上げ。家に帰ってブックレット見てびっくりしましたよ〜普通に最後のクレジットにNACSさんの名前があって。…っつーかブックレットの中でスープカレー食べてた。(笑)

初花凛々 (初回限定盤)
初花凛々 (初回限定盤)
SINGER SONGER

これはね、とにかく「買う!」って思ってた1枚。ものすごくジャケットのCoccoの表情がスキでスキで。昔のCoocoはそんなに興味なかったというかあまり食いつかなかったワタシですが『ニュース23』でやってたゴミゼロ作戦のドキュメント見て号泣しちゃってからというものなんか気になる感じ。本当に今は歌いたいんだな、っていうか決して歌わされていないCoocoが感じられるのでいいと思いますですよ。曲もかわいい感じですし。

他にも色々欲しいCDはあったんですがガマンしました。

でもスネオヘアーの『ワルツ』は初回で買わないと!って感じですよ!
裏ジャケット(?)に森田さんとはぐちゃんと竹本くんがっ!!!わわわわ…

欲しいのはキングコング梶原雄太の『おかん』ね!
それとトンガリキッズ?ファミコン世代にはたまりませんよ!あれは!
音が空から降ってくる…
サクラ咲くよサクラ散るよサクラ…
NACSの『LOVER』を観てて使われた曲の中ですごく頭に残っているんですけど、これが何の曲で誰が歌っている曲だか全然解らなくって先週からかなりもんもんとしてました。あのお芝居自体2001年のものなので最近の曲じゃない事は解っているのですがはて、何だろうと。で!この間の日曜日ですよ、外出先でこの曲を聴いたんですよ!上に書いてある「サクラ…」のところが琴の音で流れてきて。何か音がそらからはらはらと落ちてくるようなそんな感覚で。と同時にピンク色のこれからまだ膨らもうと待っている大量のピンクの風船と森崎部長の姿がもう「ぐわ〜っと」脳内を駆け巡ったわけです。

私の為にこの曲は流れてきたんだわ!等と思い。(それはねぇ…)

そう言えば妹が「曲が懐かしいなぁ…」言いながら観ておりましたなぁ…と言う訳で問いただしたところ使われている曲はザ・コブラツイスターズの曲だと言う訳ですよ。じゃぁ、このコブラツイスターズの曲で『サクラ』が出てくる曲を探し出したらそれがそうなんじゃないっすか?

で!見つけましたこれ。

サクラサク
サクラサク
ザ・コブラツイスターズ, 川畑アキラ

サクラサク平成十七年
サクラサク平成十七年
ザ・コブラツイスターズ, 川畑アキラ, 加藤一郎, 浜崎賢太

前者はオリジナル(劇中に使われたのはこっち)で、後者は最近歌詞や音をリメイクして作り直し発売されたものだそう。と言う事は私が聴いたのは後者な訳で。

イザ、タワレコ。
そして購入して大満足で一人お茶。

ふらふら〜とブログを見ていたら[今日も好感度、アップです。]というブログにルミネ2に新しく紅茶の専門店が出来たと書いてありまして。これが普通の紅茶じゃなく、いわば紅茶版スタバ…物凄い濃い紅茶を出してその中に色々なフレーバーシロップとか入れて飲むという。お店の名前は"dama teapresso"と言うのですが、そこに行ってみました。注文したのはショコラオランジェ。紅茶にチョコ味シロップ、そして多分オレンジピール。こういう紅茶の飲み方は初めてだったのでちょっとドキドキでしたが美味しかったですよ♪これはクセになるかもしれないです。そしてまた一緒に売っている焼き菓子が1つづつ可愛くってお安いの!これからの季節、「ちょっと外でお茶」という時にはピッタリのお店だと思います。かなり通いたい☆

家に帰って早速聴いたのですが…いいよね、やっぱりいいよね!聴けば聴くほど空から舞い降ちてくる。妹の部屋に昔のMDがあったので昔のも聴いてみたけど広がり方がなんか今の方が個人的に好きだなぁ・・・と感じ。多分森崎部長はあれから何個もときめきの風船を膨らまして今は幸せに誰かと暖かい家庭を作っているのかなぁ…そして昔の淡い思い出を桜見ながら思い出しているのかなぁ…なんて勝手にお芝居のその後を思い。

…っつーか『WAR』見たらHYの曲が使われててびっくりしましたよ!
慌てて奥の方からCD引っ張り出しちゃいました、つい。
CALENDER
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
パルちゃんとグランパスくんのほん。
パルちゃんとグランパスくんのほん。 (JUGEMレビュー »)
パルちゃん(清水エスパルス),グランパスくん(名古屋グランパス)
Blog List
Counter
相互リンク.comブログパーツ カウンター正月 おせち賃貸
MOBILE
qrcode